三店方式仕組みについてご紹介

三店方式仕組みについてご紹介!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページのでご紹介の、”三店方式” といったものは、

カジノスロットからは少し離れますが、

カジノスロットとパチスロの違いの比較には必要ですので、ご紹介させてもらいます。

 

 

まず、カジノスロットの位置づけは、ギャンブルであり、

ライセンス発行国(地域)より正式にライセンスを取得して運営しています。

(当サイトご紹介のカジノは、英国でもトップクラスの企業です)

 

 

続いて、パチスロの位置づけは、

三店方式という意味の分らないシステムを介した、”遊戯” です。

(遊戯のくせに18歳未満は遊べないというのも、意味分りません...)

 

 

これを踏まえた上で、トップページでお話した内容をおさらいしますと、

 

 

 

 

カジノスロット(ギャンブル)還元率公表の義務あり、運営が極めて透明

パチスロ(遊戯)還元率公表の義務なし、運営が極めて不透明

 

 

 

 

といった比較ができます。

(還元率...カジノスロット:95%程度、パチスロ:50%に満たないといわれる)

 

 

 

※ カジノスロットは海外企業の運営するもので、サーバーも海外にあるため、

我々日本人が賭けたとしても、(取り締まる法律がなく)違法とはならないといった見解が有力です。

 

また、違法だとしても、相手が海外企業のため検挙できないという見解もあり、実際判例もありませんが、

日本人がカジノスロットを運営するのは、完全に違法で、摘発の対象となっています。

 

 

 

 

 

 

三店方式!

 

 

 

 

では、このおかしな仕組みである三店方式を簡単に解説していきましょう!

 

 

まず、3店とは...”パチスロ店景品交換所問屋” の3つのことをいいます。

この3店は、完全に独立した運営をしているとのことです。

(店舗内に景品交換所があったりもしますが...)

 

 

パチスロ店で遊んでメダルを増やし、店舗で景品に交換してもらい、

景品交換所で我々が質入する。

その後、景品交換所の人間が問屋に質流し、パチスロ店が流れた品を購入。

 

 

ギャンブル禁止の我が国で、パチスロが楽しめるのは、

こういった三店方式といった、おかしな仕組みがあるからだったんです。

(違法・合法だといった判例は出ていません)

 

 

ただ、これは限られたパチスロ店のみで通用する仕組みだと思われていましたが、

ここ最近、この三店方式のような仕組みを謳って運営する、オンラインの業者が出てきました...

 

 

 

 

 

 

日本のパチスロカジノ!?

 

 

 

 

ここ最近ネットで目にするのが、

日本人の運営するカジノスロット(オンラインカジノ)のようなサイトです。

 

 

いくら問い合わせしても仕組みについては教えてくれませんが、

どうやら、店舗型パチスロの三店方式のような仕組みで運営している模様です。

(サイト内には、独自の特許を取得して運営している、ポイントサイトとの記述も...)

 

 

カジノではなく、スロット以外に独自のゲームがあるようで、

個人的にも少し興味があり、プレイしたかったんですが、

仕組みを教えていただけません上、店舗がない分、”より運営が不透明” のため、

残念ながら、利用はしておりません...

 

 

有名なサイトでは、ディーチェというのがあるようですが、

もし興味があって利用しようといった場合は、それ相応の覚悟をお願いしますね。

(違法かどうかは分りませんが、運営がとにかく不透明過ぎます...)

 

 

ちなみに...日本人がギャンブルを運営するのは違法であり、

そこで賭け事をした場合、利用者自身も逮捕されますので、ご注意くださいね!

 

 

 

 

 

 

William Hill Casino Club 日本語

 

カジノスロットのプレイは、運営が極めて透明なウィリアムヒルが、個人的にはおすすめです♪